Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

え?あれも福岡発祥なの!?意外すぎる福岡発祥まとめ-食べ物編-

え?あれも福岡発祥なの!?意外すぎる福岡発祥まとめ-食べ物編-

福岡発祥もんば知っとるね?

みなさん福岡発祥モノって言ったら、何を思い浮かべますか?
やっぱりとんこつラーメンでしょうか?

もちろん、豚骨ラーメンは福岡発祥なのですが、今回あまり世の中の人には知られていない福岡発祥の食べ物をまとめました。

 

うどん

実はみなさんに馴染み深いうどんも福岡から始まったのです。

鎌倉時代の高僧である聖一国師が、1241年に中国の修行を終えて帰国した際に、従来のモノとは違う製粉技術を持ち帰ることで、広まったのです。

今では「博多うどん」といえば、柔らかい麺が特徴として、人々に愛されています。

 

 

替え玉

博多の人にとっては当たり前のこのラーメンの麺のみをおかわりできる仕組み「替え玉」
これもラーメンで有名な博多で生まれました。

なんでも、もともと長浜漁港で働く忙しい人たちに、ラーメンを素早く食べてもらうため、細麺の麺を湯搔き入れて出したあと、食べている最中に次の麺を湯搔くことができるように開発されたんだとか。

今や完全に博多のラーメン文化の一つとして根付いています。

 

年越しそば

日本人は大晦日の夜、縁起を担ぐために「年越しそば」を食べますが、実はそれも博多の承天寺発祥だと言われています。

鎌倉時代に貿易商をしていた、謝国明(しゃこくめい)という人物が飢えた博多の人を集め、蓄えていたそば粉を「かゆの餅」にして振る舞ったことで、新しい年への希望を持った博多の人たちが、大晦日の夜に食べるそばを「幸運を運んできたそば”運そば”」と呼ぶようになったことが始まりとされています。それが全国に広まり、年越しそばになったそう。

意外にも知られてない事実なので、大晦日に年越し蕎麦を食べる機会があったら、「これ博多発祥らしいよ!」と話してみたら、会話がはずむかも!?しれません。

 

 

まんじゅう

あんこが入った昔ながらのおやつ”まんじゅう”も承天寺の聖一国師が中国から伝え広めたものなのです。

鎌倉時代の高僧である聖一国師(しょぅいちこくし)は、仁治2年(1241年)中国での修行から帰国した際に今まで日本にはなかった画期的な製粉技術を持ち帰りうどん・そばの粉物食文化が全国に広まっていったと言われています。

饅頭も聖一国師が托鉢で親切にしてもらった茶店の店主に「甘酒饅頭」を蒸す製法を教えたものが始まりと言われています。

 

 

焼うどん

焼きそば風のんうどん、「焼うどん」は、北九州の小倉が発祥と言われています。

終戦直後、鳥町食道街の「だるま堂」店主が、焼そば用のそば玉がなかったため、干しうどんをゆがき焼いて出したところ大好評だったのが始まりとされています。

 

 

焼きカレー

これは北九州の門司港が発祥と言われています。

今では多くの観光客がこの焼きカレーを食べるために門司港に訪れています。

「焼きカレー」の始まりは昭和30年代の福岡県北九州市門司港の栄町銀天街にあった「山田屋」という和食店(現在は閉店)と言われています。

土鍋にカレーをいれグラタン・ドリア風にオーブンで焼いたところ、実に香ばしく、美味しく仕上がったので、のちに店のメニューとして出し、人気になったそうです。

ういろう

このういろうは、福岡県福岡市の妙楽寺が発祥とのこと。

室町時代に幕府に差し出していた薬がとても苦かったため、お口直しとしてこの「ういろう」が出されたという諸説が残っています。

 

 

福岡発祥の意外な食べ物特集を行いましたが、結構いろいろあるものですねー

またうどん、まんじゅう、年越し蕎麦などを伝え広めた聖一国師の凄さが改めてわかりますね。

 

それからこういった福岡発祥のものはアジア大陸との貿易の中で持ち込まれたものを洗練させ、地元の方に合うようにローカライズさせて生まれたものが多いのだなという印象を受けます。

これからもアジアの玄関口である福岡は、大陸との貿易の中で新しい文化が生まれることを期待できますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です