Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

北九州門司港・唐戸市場の最も面白いルートをYoka Byが作成!

北九州門司港・唐戸市場の最も面白いルートをYoka Byが作成!

北九州 門司港

あなたは北九州は門司港に遊びにいく予定ですか?

もしくは北九州門司港についてもっと知りたい方ですか?

今回あなたに最も面白い北九州門司港・下関唐戸市場を回るルートを現地取材で手に入れてきたので、みんなにシェアいたします!

 

両替

とその前にみなさん残金チェックです!特に外国人の方!
門司港では両替するところがないので、門司港に出発する前に、福岡市内で両替しておいたほうがいいです。

天神や博多駅の観光案内所の横などに隣接して福岡銀行さんがあるので、そこを利用しましょう。

詳細はこちらです。

 

①クローバー切符を購入

まずは門司港から下関唐戸市場まで、たった800円でぐるっと回れるお得な切符「クローバー切符」を購入しよう!

販売場所などの詳細はこちら!

 

②潮風号に乗車

潮風号というレトロな電車に乗って、ノーフォーク広場駅という関門海峡近くの駅まで行こう!

潮風号
引用:http://www.retro-line.net/

 

③関門トンネルをくぐって、九州から本州へ!

関門トンネルは780Mの人道になっており、無料で通ることができます。

九州と本州の境目を見ることができ、一歩踏み入れるだけで、もう九州じゃないと考えると、なんか不思議な感覚です、、

 

下関に到着すると、なにやら楽しそうな紙芝居をしている方が!
そう、ここはかの有名な源義経と平宗盛との合戦、壇ノ浦の戦いが繰り広げられた場所なのです!

なにそれ?っていう方は、この紙芝居を聞けばすぐに内容を理解できます。
いやー、それにしても紙芝居が上手だった。。

 

④サンデンバスに乗って、唐戸市場へ!

下関から唐戸市場に向かって出ているサンデンバスに乗りましょう!

 

すると唐戸市場のふぐが見えてきます!

ここ唐戸市場はふぐを中心に、新鮮な魚がたくさん取れる漁業場として、知られています。

 

取材に行った日は残念ながら、市場は空いてなかったので、隣の寿司屋さんに行きました。

ふぐを中心にいろいろ食べましたよー!

店員さんもすごく気さくに話しかけてくれて、おすすめを握ってくれました!

 

⑤フェリーに乗って、門司港へ!

唐戸市場と門司港をつなぐ、フェリーが出ているので、それに乗って、門司港へ帰りましょう!

10分ほど海の上を走らせると、門司港につきます。

 

⑥九州鉄道記念館へ!

門司港といえば、レトロな雰囲気ですが、こちらの九州鉄道記念館はかなりレトロ感醸し出してます。

 

歴代の鉄道が飾られており、鉄道マニアにはたまりません。

 

また中には鉄道の歴史や、その他ギャラリーがあり、鉄道マニアだけではなく、女性もそのレトロな雰囲気を楽しんでいただけます!

 

昔ながらの列車に乗ることができるので、ここもまた哀愁深いですねー

 

⑦フルーツファクトリーデレトロでパフェを堪能!

そろそろ小腹が空いてきたなーと思ったら、パフェはいかがでしょうか?

旧門司港税関の中におしゃれなフルーツパフェ屋さんが入ってます。

門司港はバナナの叩き売りの発祥地なので、焼きバナナパフェを注文。

うますぎ!!
そして、何よりインスタ映えします。笑

 

店内もおしゃれな女性が好きそうな内装になっています。

 

またこの旧門司港税関は映画ロケ地になることもしばしば。
僕が行った時もNHKのドラマの撮影があっていました。

フォトスポットとしても最適ですね。

 

⑧海峡プラザでお土産購入!

そろそろ夕方に差し掛かってきて、お土産を購入したいなという方におすすめしたいのが、海峡プラザ!

様々なお店が入っており、あなたが気にいるお土産も必ずあります!

中でも人気No.1はバナナカステラ!

食べると口いっぱいにバナナの香りが漂い、柔らかな食感です。

おすすめです。

 

続いては、なかうめと言うお店の丸天。

外国人観光客の方はこぞってこれを購入するのだとか!

 

丸天は、いろいろと種類があって、それぞれ試食ができます。

 

外国人観光客がきた後は、全部買い占めてなくなることもあるのだとか。

 

⑩最後はやっぱり焼きカレー!

門司港といえば、やはり焼きカレー!!

ということで、もっとも観光客で賑わっていたM’sカレーさんを取材しました。

 

僕たちが頼んだのは、シーフード焼きカレー!

 

チーズと半熟卵とグリルしたカレーが非常にマッチ!!

 

美味しすぎて、思わず笑顔!

 

完食いたしました。

 

門司港レトロと唐戸市場のおすすめ観光ルートはいかがでしたか?

みなさんもこれらを参考に門司港・唐戸市場に行ってみましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です