header-image
Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

如水庵

今回取材場所は福岡のお菓子の老舗企業”如水庵”。

きな粉と黒蜜が絶妙に絡まった”筑紫もち”と季節ごとに味が変わる”大福”などを主に販売しており、福岡のお菓子店として長年地元の方や観光客に親しまれています。

(今回の如水庵の記事は写真左の中国人と日本人のハーフのゆえと写真右の韓国人スタッフのレスがお届けします。)  

 

Yoka By限定特典

今回取材に行った特典をいただきました!
抽選で20名様に6個入り筑紫もちをプレゼント!

↑投稿用写真
応募方法は、如水庵関連の写真に#fukuokayokaby #josuianをSNSにタグ付けするだけ。
Instagram、Facebook、Twitterで応募できます。

如水庵関連の写真をお持ちでない場合は、上の画像を保存して投稿しても大丈夫です!

詳しくは一番下に書いてます^^!

如水庵博多駅前本店

まず如水庵の本店は、博多駅博多口から出て5分のところに立地しており、
非常にアクセスがいいです。
また博多駅内、各イオンモール施設内などにも支店があるので、お土産を買う場合にすごく便利です。
その他の支店についてはこちら

木で隠れてよく見えませんが、その木の後ろにある建物が「博多駅」
まさに”駅近”です!!

如水庵の店内

店内はこのように高級感溢れ、かつ親しみやすい雰囲気になっており、
すっきりとした印象を受けます。

筑紫もち

如水庵でもっとも有名なお菓子といえば、やはり筑紫もちです。

素材にこだわったきな粉とお餅に黒蜜がかかったこのお菓子は本当に美味しいです。

筑紫もちの様々な食べ方 ”博多作法。”

実は筑紫もちにはいろいろな食べ方の流派があります。
個人的にもっとも好きなのは「三段流」。

ひとつに3つのお餅が入っている筑紫もちを、ひとつずつ違う味わい方で楽しむ食べ方。
飽きっぽく、欲張りな私たちのような人にはおすすめできる食べ方かもしれません。。

店内飲食スペース

博多駅本店には飲食スペースがあるので、そこでお茶することに。
お茶で乾杯もたまにはありかな?

可愛い和の包装紙

筑紫もちでまず特徴的だなと思うのが、この包装紙。
紫基調の和紙で包まれたお菓子は高級感を漂わせます。

開くとこのように。
中に黒蜜が入った袋があるので、かけて食べましょう。

滴り落ちる黒蜜

黒蜜をきな粉もちとよくからめると、写真映えしますね。
黒蜜のかけ方は、いろいろな流派があるので、参考にしましょうね!

さて、お味は?

うん、きな粉餅と黒蜜はやっぱり合う!!

お餅の絶妙な弾力も最高!!
弾力がありすぎず、柔らかすぎない。

噛むと歯に馴染んで、とろけていく食感です。

思わず笑顔になる美味しさ。。

 筑紫もちを食べると思わず、笑顔になりますね。
そういえば店頭のポスターに「3秒に一人笑顔になる」と書かれていたような。

いかん、その通りになってしまってる。。

モンドセレクション金賞受賞

如水庵の筑紫もちは毎年ベルギーで行われるモンドセレクションで金賞を何回も受賞しているとか。
数ある世界のお菓子の中で、金賞を受賞しているのは、とてもすごいことです。

モンドセレクションについてはこちら

韓国でも「福岡 お土産 」検索No.1

韓国で最も使われているNaverで、
「福岡 お土産」の検索ワードNO.1になったことがあるそうです

ベルギーで開かれているモンドセレクションで金賞を受賞し、
スイーツ大国として知られている韓国で認められているということは、
名実ともに”世界が認める銘菓”と言うことですね。

季節ごとの大福

筑紫もちだけではありません。
他にも様々な商品があります。

こちらは
今年新発売の「ひとつ栗大福」!

季節ごとに全く異なるコンセプトの大福を楽しむことができるのが、
如水庵のいいところ。

1月から3月:いちご大福
2月から5月中旬:こもも大福
4月から6月末:トマト大福
7月から10月初旬:ぶどう大福
10月~12月:柿大福

基本的には上記のスケジュール感で、季節ものの大福を出しているそうです。

トマト大福やぶどう大福など斬新な大福が多いですよね。

 (左:ブドウ大福、右:栗大福)
今回ぶどう大福と栗大福を食べました。
まずぶどう大福ですが、口の中に入れて噛んだ瞬間、
大福の中のぶどうの果汁がジュワーっと出て美味しい。

栗大福は、「ひとつ栗大福」というキャッチコピーの通り、
大きな栗がまるまるひとつ大福の中に入っていて、
口のなかでのインパクト大!

生地に含まれているマッシュした栗も新食感をもたらしていました。

もなか黒田五十二萬石

福岡藩を治めた黒田家のお城に使われていた瓦の家紋を賜りもなかの皮に写し取ったもなか黒田五十二萬石。

なんでも現社長の森 恍次郎さんは父親から
「黒田如水(黒田官兵衛)のような男になれ!」と育てられるなか、
黒田如水の生き方に感銘を受けて、屋号を「如水庵」とあらためたのだとか。

なるほど、五十二萬石如水庵という社名の意味がわかりました。

衝動買い。。

取材で試食させてもらっていたスタッフも思わず衝動買いしてしまいました。。

筑紫もちゲット!

記念撮影もバッチリ!!

Yoka By限定!
プレゼント企画のお知らせ

さあ、最後にもう一度プレゼント企画のお知らせ。

抽選で20名様に6個入りの筑紫もちをプレゼント!

今回取材に行った如水庵さんから、素敵なプレゼントをもらってます。

Yoka Byが主催している福岡フォトコンテストに参加してくれた方にプレゼントです。

福岡フォトコンテストの詳細はこちらをご覧ください。

応募方法

↑投稿用写真
応募方法は、如水庵関連の写真に#fukuokayokaby #josuianをSNSにタグ付けするだけ。
Instagram、Facebook、Twitterで応募できます。

如水庵関連の写真をお持ちでない場合は、上の画像を保存して投稿しても大丈夫です!

応募があった写真の中から、抽選で20名様に6個入りの筑紫もちをプレゼント!

海外発送も対応します。(なんとか・・)

応募締切

応募締切は2018年1月31日です。

どしどし応募してください。

Address

Our Address:

〒812-0011 Fukuoka Prefecture, Fukuoka, Hakata Ward, Hakata Ekimae, 2 Chome−19−29, 博多相互ビル 1F

GPS:

33.591873677286, 130.41704796866

Telephone:

-

Email:

-

Web:

-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です