Radius: Off
Radius:
km Set radius for geolocation
Search

承天寺は博多の文化の発祥地として、地元の人や観光客の方に知られているお寺です。

場所は福岡市の中央である祇園駅と博多駅の間に位置しています。

お寺の周辺を見てみると、他の地域と比べてより清潔に見える通りに気づくと思います。建物は周囲の他の建物と比較してもより綺麗に維持されています。

通りを歩くと、両側に建物があります。正門に着いたら、寺院は左にあり、庭は右にあります。承天寺通りを訪れたのが初めての場合は、庭が実際の寺院のように見えるかもしれません。

この地域は一般の人にとってはなかなか近づきがたく、誰も入ることができない聖地のように感じられるかもしれません。しかし、実際には一部エリアを除いて、一般客でも入ることができます。

非常に物静かで心安らぐ空間です。

そのエリアに入る瞬間、木々、植物、美しく整えられた石に圧倒されます。また、庭に置かれた左に3つの大きな石碑がありますが、それぞれの石碑が博多の重要な歴史を伝えています。

石碑の1つに歴史の断片が刻まれています。うどん、そば、ようかん、饅頭は、ここ博多で始まり、日本全土に広がっています。それも仏教を学ぶために中国に旅した聖一国師のおかげです。彼は製粉技術に関する知識を中国で得て、博多でその技術を広めたのです。

饅頭 、そば 、うどん、ようかんと言った今ではおなじみの食べ物はここから始まりました。

もう一つの石碑は、博多織物の父親として知られている満田彌三右衛門(みつたやざえもん)の記念碑であり、聖一国師らとともに中国に旅行した商人です。

彼は仏教を学んでいましたが、繊維、麺、香り、製織技術も学んでおり、彼の研究の結果、有名な博多織が生まれました。

博多織は、伝統的な博多の絹織物です。満田彌三右衛門は様々な素材を用いて特定の方法で織物を編む技術を発明しました。非常によく知られている作品は、伝統的な日本の着物の周りの小物入れ用のポーチです。

最後の石碑は、博多祇園山笠の起源を表しています。1241年に流行していた疫病した際に承天寺の開祖・聖一国師が、町民が担いた施餓鬼棚にのって、祈祷水を撒きながら町を清めてまわり、疫病退散を祈願してまわったことが発祥のようです。

寺院エリアは非常に魅力的で、山笠祭りが絵画として描かれている別の建物があります。そして、その建物の隣には小さな仏像が並んでいます。

全体として、それは本当に平和で美しいエリアです。あなたが美しい庭園を見て楽しみたいなら、ここは訪れるべき場所の一つです。

入ることが禁止されているエリアもありますが、小さな門を通ってそのエリアの一部を見ることができます。

このお寺それぞれに多くの重要かつ興味深い歴史を持っており、言葉に言い表せられない程にすごいです。
博多の文化はまさしくここから始まり今の繁栄に至っているのです。

 

Address

Our Address:

福岡県福岡市博多区博多駅前1丁目29−9

GPS:

33.5944462, 130.4161837

Telephone:

-

Email:

-

Web:

-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です